消費者金融にブラックリストは存在する?

よくブラックになるとお金が借りれなくなると言われます。
消費者金融においてブラックとはブラックリストに掲載されることを指し示しています。
それではブラックリストという名簿は本当に存在するのでしょうか?
そして本当にお金が借りられなくなるのでしょうか?

消費者金融においては、融資の申し込みがあった場合、
申込者の他社借り入れ状況を、個人信用情報機関に紹介して、調査を行います。

この際に一定期間に他社の融資において支払いが滞った場合、「異動情報」と呼ばれる特別な情報が記録され、
以降数年間、融資が受けられないペナルティが発生します。
専門用語では「延滞」「事故」などと呼ばれ、通称ブラックとも呼ばれます。

異動情報に載る具体的な条件をお伝えします。
本来の支払い予定日から「3ヶ月間支払いが遅れた時点」で延滞扱いとなり、異動情報が個人信用情報機関に登録されます。その後、支払いを完済すると「延滞解消」されますが、この事実は1年間記録として残ります。

延滞情報は登録されてから、最低5年間は「参考情報」として残るため、
延滞解消になっていても参考情報が消えない限り審査は通りません。

ブラックリストに載る(延滞情報が信用機関に掲載)と、
どのような事情があっても審査はNGという消費者金融がほとんどです。

消費者金融業者は「全情連」と呼ばれる個人信用情報機関に加盟していますが、銀行やクレジットカード会社は別の信用機関を利用しています。消費者金融が、これらの信用機関の情報を照会することはまずありませんので、銀行やクレジットカードで延滞が起きても消費者金融から借りる場合は関係ありません。しかし逆に消費者金融でブラックに載ってしまうと、クレジットカードや銀行は100%審査が通りません。

キャッシングお勧めサイト

初心者 キャッシング
初めての方の疑問や質問にお答えしています。正しい知識と活用法を身につけて、健全なキャッシングライフを送りましょう。

過払い金 返還
過払い金返還請求マニュアルでは、過払い金が発生するしくみと消費者金融への払い過ぎた分の利息を取り戻す方法を解説しています。

過払い金 返還
金利を20%以上の利息で5年以上消費者金融やクレジット会社に返済を続けていたら、ほとんどの方のお金が返ってきます。ひとりでも過払い金返還請求するための知識を提供しています。

貸金業規制法
貸金業規制法改正と多重債務者保護では、グレーゾーン問題などを一新した改正貸金業規制法で多重債務者・消費者がどうすれば救われるのかを解説しています。

Copyright (C) 2009 藍茣辨麼匈とFX. All Rights Reserved.